「未分類」カテゴリーアーカイブ

業者選びのポイント

マンションを相続してオーナーになった場合、不動産会社の力を借りることになった場合、委託する費用が発生します。基本的に、依頼する業務の内容が多いほど、委託料は高額になります。なるべく安く不動産会社に業務を依頼したい人は、自力でどこまでやることが可能なのか、まずは検討しましょう。

管理は自分でできるから、入居者の募集はやってほしいといった具合にです。必要最小限の業務内容にとどめておくことにより、委託料は安くなります。基本的にすべてお任せしたいという場合も、契約内容をチェックして不要な有料の特約が入っていないか把握しましょう。必要のない業務があった場合には、お願いしない形にすることで無駄な出費を避けることが可能です。

複数の不動産会社と話をしてみることも大切です。業務内容が同じでも、委託料が不動産会社によって異なるためです。比較して委託料がより安いところを候補にしましょう。

借り上げのほうが空室リスクを気にしなくていいという人も、複数社の条件を比較する必要があります。家賃の何%が入ってくるのかは、不動産会社によって違いがあります。契約期間に決まりがあり、必要な場合は更新するという内容で、更新時に金額が変更になることもあります。なるべく有利な条件での借り上げになるところを候補にしたいものです。

マンション経営の魅力

相続したマンションを貸すことには、複数の魅力があります。まず最大のメリットといえるのが、長期間にわたり安定した収入を獲得できることです。本業がある人はよい副収入になりますし、毎月入ってくる金額次第では、本業をやめてマンション経営一本でいけることもあるでしょう。

また、マンションがある限り収入を得ていくことが可能ということで、老後の資金を確保することも可能です。年金や貯蓄では心許ないという場合、マンション経営によって豊かな暮らしを送ることができるようになるでしょう。そのほか、ひとまず貸す方法を選択しておいて、時期をみて売って利益を獲得することが可能なのも、マンション経営の魅力の一つといえます。

なお、マンション経営で不安に感じる人が多いのは、空室が出てしまうことです。たしかに空室が出ることはマンション経営のリスクの一つではありますが、不動産会社との取引で回避することが可能です。たとえば、サブリース(借り上げ)業務を行なっている不動産会社が候補になります。不動産会社にマンションを貸し、不動産会社は入居者にまた貸しします。家賃の100%は入りませんが、85%以上など高い割合で、空室が出ていても不動産会社からの収入を得ることが可能です。

相続マンションの賃貸

マンションを相続し、オーナーになって人に貸す場合、入居者の募集、契約、契約更新、家賃の集金、マンションの清掃、建物や設備の修繕、クレーム処理など、やることが多いです。これらすべてを自分で行なうことに、敷居の高さを感じる人は少なくありません。

もしも本業があるなどして自力でのマンション経営は困難と思えるような場合、自分の意思と違い、相続するマンションの売却を検討したり、相続自体を放棄したりすることを検討するかもしれませんが、不動産会社に仲介や管理を依頼することにより、マンションを手放すことを諦める必要はなくなります。

実際、入居者の募集や契約を仲介会社にお願いしていたり、契約更新や賃料の改修、マンションのメンテナンス、苦情対応などを管理会社に依頼しているオーナーは多いです。仲介機能や管理機能の両方を兼ね備えている不動産会社に業務を依頼している人もまた多数います。費用は発生しますが、マンション経営の業務の負担を感じることなく生活していくことが可能です。不動産会社にマンションを丸ごと貸して、不動産会社が入居者にまた貸しする一括借り上げやサブリース契約を交わしている人も少なくありません。

当サイトでは、マンション経営にどのような魅力があるのか、業務を依頼する不動産会社の選び方を解説させていただきます。マンションを相続する可能性があり、貸す方向でいきたいと思っている人は、ぜひほかのページの内容もチェックしてみてください。