月別アーカイブ: 2016年11月

相続マンションの賃貸

マンションを相続し、オーナーになって人に貸す場合、入居者の募集、契約、契約更新、家賃の集金、マンションの清掃、建物や設備の修繕、クレーム処理など、やることが多いです。これらすべてを自分で行なうことに、敷居の高さを感じる人は少なくありません。

もしも本業があるなどして自力でのマンション経営は困難と思えるような場合、自分の意思と違い、相続するマンションの売却を検討したり、相続自体を放棄したりすることを検討するかもしれませんが、不動産会社に仲介や管理を依頼することにより、マンションを手放すことを諦める必要はなくなります。

実際、入居者の募集や契約を仲介会社にお願いしていたり、契約更新や賃料の改修、マンションのメンテナンス、苦情対応などを管理会社に依頼しているオーナーは多いです。仲介機能や管理機能の両方を兼ね備えている不動産会社に業務を依頼している人もまた多数います。費用は発生しますが、マンション経営の業務の負担を感じることなく生活していくことが可能です。不動産会社にマンションを丸ごと貸して、不動産会社が入居者にまた貸しする一括借り上げやサブリース契約を交わしている人も少なくありません。

当サイトでは、マンション経営にどのような魅力があるのか、業務を依頼する不動産会社の選び方を解説させていただきます。マンションを相続する可能性があり、貸す方向でいきたいと思っている人は、ぜひほかのページの内容もチェックしてみてください。